社会保険

社会保険関係Q&A

Q.社会保険に加入する為の条件とは?
A.法人は、法人規模(資本金、従業員の人数等)に関係なく社会保険の適用事業所になります(強制適用事業所)。
個人事業主の方は従業員が5人以上いる場合は強制適用事業所になりますが、非適用業種を営む方は従業員が何人いても適用事業所になりません。
非適用業種とは以下のものになりますが、一定の要件を満たすことにより任意適用事業所として社会保険に加入することができます。
非適用業種
1. 第1次産業(農林水産業)
2. サービス業(飲食店・美容業・旅館業など)
3. 法務専門サービス業(税理士、社会保険労務士など士業と呼ばれる事業)
4. 宗教業(神社・教会など)など

Q.社会保険の加入手続きの手順は?
A.社会保険に新規で加入する義務が生じた場合は、事実発生から5日以内に加入手続きを行う必要があります。
加入手続きには以下の書類が必要となります。

・健康保険・厚生年金保険 新規適用届
「健康保険・厚生年金保険 新規適用届」は、初めて社会保険へ加入する場合に提出が必要になります。
また、届の提出のほかに以下の添付書類もご準備ください。
1. 法人の場合
法人(商業)登記簿謄本の原本(コピー不可)
※提出日から遡って90日以内に発行されたもの
※事業所の所在地が登記上の所在地等と異なる場合は「賃貸借契約書のコピー」など事業所所在地の確認できるものを別途添付してください。
2. 個人事業主の場合
事業主の世帯全員の住民票の原本(コピー不可)
※提出日から遡って90日以内に発行されたもの


・健康保険・厚生年金保険 被保険者資格取得届
社会保険に加入する方の「健康保険・厚生年金保険 被保険者資格取得届」を提出します。
提出時期は加入義務が生じた事実発生の日から5日以内です。
※場合により、添付書類の提出が必要となります。

・健康保険 被扶養者(異動)届(国民年金第3号被保険者関係届
社会保険に加入する方に扶養者がいる場合、扶養者に異動が生じた場合はその都度「健康保険被扶養者 (異動) 届」を提出します。
また、届の提出には以下の添付書類が必要となります。
1.扶養者の収入が確認できる書類
※所得税法の規定による控除対象配偶者または扶養親族となっている方については、事業主の証明をもって添付書類を不要とすることができます。

2.被保険者との同居が被扶養者となる条件(直系尊属、配偶者、子、孫、弟妹以外の方)のときは、同居の事実が確認できる書類
≪ 例 被保険者世帯全員の住民票  民生委員等による同居の証明 など ≫

3.内縁関係の確認が必要な場合においては、事実確認の為の書類
≪ 例 内縁関係にある両人の戸籍謄本  被保険者の世帯全員の住民票 など≫


詳細は無料相談にてお問い合わせください。