労働保険

労働保険とは、労働者災害補償保険(労災保険)と雇用保険とを総称したものです。
一部例外を除き、アルバイトやパートタイマーなどの雇用形態や業種の規模に関係なく、1人でも労働者を使用した場合は原則として労災保険への加入が義務付けられています。
労災保険に加入するには「保険関係成立届」を所轄の労働基準監督署または公共職業安定所(ハローワーク)に提出します。
書類の提出後、「概算保険料申告書」を作成の上申告・納付をして頂こととなります。
雇用保険に加入する手続きとしては、労災保険の加入手続きに加え、「雇用保険適用事業所設置届」と「雇用保険被保険者資格取得届」を所轄の公共職業安定所に提出します。 

平成27年4月1日より労災保険の料率が変更となりました。
詳細はこちらを参照してください。

詳細は無料相談にてお問い合わせください。